サバゲ用のエアガンは「HK416D DEVGRUカスタム」にしました

[`evernote` not found]
Pocket

HK416

案外難航した銃選び

この前の記事にも書きましたが、電動ガンのスコーピオンを持っているので、それでサバゲに出ようと思ってたのですが、サプライ品が生産停止中らしく、マガジン類が一切手に入らないという事態に。

もう、新しい電動ガンを買うしか無いっしょ。
ということになったのですが、どうにもピンとくるエアガンが無いんですよ…

この前、カキモリさんに行ったときに、近くにガンショップを見つけたので、そこに入ってみると、海外製の電動エアガンで凄いカッコいいのが!
M16系なのですが、バレルがかなり切り詰められたCQB用のモデルで、パイプでできたような折りたたみストックが付いているやつ
まさしくこれ、というのを見つけることはできなかったのですが、これにストック付けたような感じ。

ただ、この手の銃ってほとんどが海外製。値段はピンキリ。
電動ガンって言ったら東京マルイのしか知らなかったので、店員に話しかけて、話を聞いてみました。
すると以下の情報が。

  • 品質・質感共に、一番の最高峰は東京マルイの次世代電動ガン
  • 日本製の電動ガンは性能が高い
  • 海外製の電動ガンは、多くは台湾・中国製のため、ものにばらつきがある
  • 最近は、日本製にも追いつき始めている
  • 海外製は確かに値段は安いが、いろいろパーツをくっつけると日本製品と同じくらいになる
  • サバゲを始めたいのなら、東京マルイのやつをまずはオススメ
  • 海外製のは知り合いができてからとかにした方が良い

とのことでした。
その場では、フムフムと聞いて店を後にしました。
(海外製のやつはいろいろ大変そうなので諦めました)

PR

電動ガンに求めたもの

  • 東京マルイ製
  • できれば次世代電動ガン
  • M16系かMP5系
  • QCB戦闘も可能であること(あまり長くない)
  • ピカティニー・レールシステムが標準搭載されていること(最悪後付けでもOK)

1つめと2つめはガンショップの店員さんのアドバイス通りにしてみました、
3つめは、サプライ品の流通が多いであろうもの、つまり、東京マルイの中でも多く流通しているであろうシリーズをチョイスしてみました。
スコーピオンの事例で、サプライ品が多く出回っていると言うことは重要であるとのことが分かったからです。
この2つのシリーズであればサプライ品の流通量が多いはずなので、スコーピオンの二の舞は避けられるはず。

M16系については、昔サバゲでM16を使っていたので、使い方が身体に染みついているので慣れ易いであろうとのことと、M16系が好きということで。

あとは、長すぎると取り回しに不便なので、CQBもできるアサルトライフルが丁度良いと判断。

そこで選んだ銃は

悩みに悩み最終的に選んだのが、HK416D DEVGRUカスタムです。

悩んだ理由は、値段が高い…

ベトナム戦争のLRRPで使われていた、M16系のXM177が好きなのですが、昔はマルイから電動ガンが売られていましたが、現在は売られていません。
それに近いものとして、M4系のCQB対応、ピカティニー・レールシステム対応の銃が多く出ているのですが、それもどうもパッとしない。

そこで目を付けたのが、「HK416D DEVGRUカスタム」。
ハンドガード部分がレールシステムで直線的なデザインになっているので、全長が長めに見えるのですが、サイレンサーを付けなければ、XM177とほぼ同じなのでこれに心を惹かれた次第です。

このぐらいの長さが、野外フィールドでの遠距離での撃ち合い・室内戦でのCQBの両方に対応できる限界かなと考えてのことです。
これ以上長くなると、CQBは無理だし、これ以上短くなると50m付近での撃ち合いで打ち負ける可能性がありからです。

※銃を決める前に、サバゲ動画を見まくりましたが、ほとんどのケースが比較的遠距離30m以上での撃ち合いで、本格的なCQB状態になることはまれということが分かったので、そこそこの距離での撃ち合いに耐えられる短さの限界がHK416だと思ったわけです。

DEVGRUカスタムを選んでノーマルのHK416にしなかったのは、いろいろな装備品を付ければ値段的には同じになるということと、ノーマルのHK416のストック後方部分の湾曲しているのが気に入らなかったのと、サイトが折りたたみ式じゃないという点でした。
(HK系のあの独特なアイアンサイトは嫌いじゃ無いです)

なので、DEVGRUカスタムをチョイス。

M4 CQB-R も視野に入れました。
値段が安く、浮いたお金で装備品を付け足すことができるからです。
しかし、やっぱり、HK416の外見には勝てず、DEVGRUカスタムにしてしまいました。

ちなみにカタログスペックは

■全長
【サイレンサー有】800 mm / 880 mm(ストック伸長時)
【サイレンサー無】715 mm / 790 mm(ストック伸長時)
■重量
3,700 g(サイレンサー 163 g、空マガジン、バッテリー含む)

といった感じ、ちょっと重いのが気になりますが、慣れると思うので大丈夫(震え声)
M16使っていた経験があるので、すぐになれると思うんですよね…

思い立ったら即行動。
DEVGRUカスタムは品薄で、ネット通販を見つけるのにも一苦労しました。
結局、ECHIGOYAさんで在庫を見つけたので、速攻で通販で頼みました。
バッテリ2本と一緒に。

その銃が届きました!
銃そのもののレポートは、また今度!

[`evernote` not found]
Pocket

: サバゲ, 日常
: 
: くろすけ

PR

コメント