サバゲ初心者に最適のエアガンを考えてみる-サイドアーム編-

[`evernote` not found]
Pocket


CZ75と並べて

初心者に最適のサイドアームって?

前回はメインアームについて、初心者には何が良いのか?を探ってみましたが、今日はサイドアームです。
もう、結論から言ってしまいましょう。
マルイのグロック17 です。

今日は、なぜこの結論に至ったのか、書いてみたいと思いますです。

PR

意外と初心者泣かせ ハンドガンのギミック

ハンドガンは簡単に扱えそうな外見の裏腹、案外小難しいギミックが隠されています。
なので、銃に詳しい人でないか、周りに銃に詳しく使い方をレクチャーしてくれる人がいない限り見た目だけで手を出すのは危険と言えると思います。
どんなところが危険なのか、ちょっと見ていきましょう。

ダブルアクションかシングルアクションか

最近作られた実銃のハンドガンはほとんどがダブルアクションかダブルアクションもどき(グロックのことね)なので、シングルアクションってそれほどなさそうに見えるのですが、一番バリエーションが出ているガバメント系がシングルアクションです。
ガバメントのパテントが切れてしまったため、ガバメントの使いにくいところを改良した銃が多く出回ることになりました。(実銃の世界の話で、クローンともいいますね)
そのため、エアガン界隈でもガバメント系のカスタムガンが多く出回っております。

なので、初心者の方が思わず目にしてしまうのがガバメント系のエアガンかと思いますが、ガバメント系の銃はそれなりに銃の構造というかギミックに詳しくないといざというときに何もできなくなります。

初心者がよく考えがちなのは、「ハンドガンだって、セーフティ外せば引き金引けるんでしょ?」というもの。
これは、ダブルアクションのお話です。(あとグロックね)

ガバメント系はシングルアクションの為、ハンマーをコッキング状態にしておかなければ引き金は引けません。
デコック状態だと、引き金はうんともすんともいいません。
コッキング状態にしておかなければセーフティすら入らない(これはダブルアクションのCz75も同じだけれど)

つまり、銃の構造とギミックを理解していないと、シングルアクションの銃はなかなか使いこなせないです。
1度レクチャーを受けて理解しても、実際フィールドで撃ちっている状態でいざサイドアームを使おうとしたときにすぐ使えるかって言うとこれが難しいです。

それなりに銃の構造には精通しているつもりだった自分ですら、久しぶりに戦闘中にガバメント系を使ったときデコック状態であることを忘れ引き金が引けず焦りました。(Cz75だったら、初弾はダブルアクションで、次弾からはシングルアクションで戦闘が続行できたはず)

なので、セーフティさえ外してしまえばいつ何時でも引き金が引けるダブルアクションの銃を初心者の方にはオススメしたいと思います。(Cz75は、デコック状態だとセーフティーがかからないので、引き金引くだけです)

M92Fとか、P226、HK45あたりなら大体似たり寄ったりなので大丈夫でしょう。(微妙な違いはあるはず)

んじゃ、シングルアクションの銃だって、ハンマーをずっとコッキング状態にしておけばいいじゃんって言われそうですが、ハンマーをずっとコッキング状態にしておくと、ハンマースプリングがヘタるんじゃ無いかって心配になるので、どうにもデコック状態で持ち歩きたくなるんですよね。

んじゃなんでグロックを奨めたの?

今挙げた銃の中にはグロックは入っていなかったのですが、では何で最初にグロックをオススメしたかというというとですね。

ハンマーが露出していないから!です。

結局、ハンドガンを最初に触る人が一番難しく感じるのって、ハンマーがどんな状態にあるかによって引き金の動作がどう変わるのか、セーフティの動作がどう変わるのかという所を理解しないといけないってことだと思うんですよね。

その点グロックはハンマーが露出しておらず、いつでもコッキング状態(実銃は微妙に違うけど)と理解しても問題無い感じなので、とりあえず引き金引けば弾は出ます。

だから初心者向きだと思えるゆえんです。
あと、ハンマーが露出していないことで、ホルスターから銃を抜くときも引っかかりが無くて良いです。
銃によっては、シュラウドでハンマーを覆ってしまっている銃もあるくらい、銃を抜くときにハンマーが引っかかってしまうことがあるので、ハンマーが露出していないということは結構初心者的アドバンテージが高いと考えて良いと思うんですよね。

まとめると、グロックを奨めたわけは、

  • ハンマーの状態によって銃の動作の違いを意識しなくても銃を扱うことができる
  • ハンマーが露出していないのでいざというときに扱いやすい

という訳です。

おそらくハンドガンの扱いに慣れてくれば、ハンマーが露出していようが、シングルアクションだろうがダブルアクションだろうが何でもOKでしょうけれど、メインアームの補助として持ち歩くのであれば、グロック17あたりがオススメです。

何故マルイなの?

最初にマルイと限定しましたが、KSCでも何でもいいんです。(ちなみに、KSCは玄人好みな感じです)
でも、マルイのグロック17は安くて品質もそこそこ、2万も出せば予備マガジン3つくらい買えそうなのでそれをオススメしただけです。
あと、サプライ品(予備マガジン)などがキチンと手に入るのもマルイの良いところです。
KSCのサプライ品は「買えるときに買っとけ!」というぐらい手に入りにくいので、そういう意味もあってマルイの製品が安心です。
ハンドガンってあまり使わない割に消耗品的な扱いになりがちなので、安くて性能がそこそこな方が最初はよいと思われです。

メインアームだけでフィールドにでると、「途中で弾が詰まったらどうしよう」とか「急に接近戦になったらどうしよう」とか不安が渦巻くと思うので、サイドアームが1つでもあればだいぶ心強いですよ!
実際自分がそうでした…

[`evernote` not found]
Pocket

: サバゲ, 日常, 書き物
: 
: くろすけ

PR

コメント