東小金井のがんまで「まぜそば」を食べる

[`evernote` not found]
Pocket


まぜそば

まぜそばって?

「まぜそば」って何かと思っていたら、油そばの別称だったんですね。知りませんでした…
この前、東小金井でどーしても油そばを食べたくなったんです。
「宝華」にはよく行っているので、他の油そばが食べたいということで、くじら食堂に行ってみたところ人でいっぱい。
ラーメン屋に並ぶのはあまり好きじゃ無いので、「がんま」にでも行ってみようと。
ぷらり散歩。

10分ほど歩いて、がんまに到着。

途中、サッカーの長友が好きだと言っていたお好み焼き屋「六甲山」が無くなっていることを知って愕然…
ブログをみてみたら、移転する模様、移転先は決まっていないみたいです。
あのあたりは道路拡張の為に何か工事をしているようなので、それに引っかかったかな。

PR

まぜそばを食す!

がんまに到着して早速食券購入。
と、メニューをみたら、「まぜそば」なるものが、黒豚バク混ぜそばというのがあったので、それを注文。
そのときまでは「まぜそば=油そば」っていう認識が無かったため、どんなのが出てくるか分からず、ワクワク。
そして出てきたのがこれ。

まぜそばよくかき混ぜてからお召し上がりください。って店員さんが言っていたので、油そばだということをようやく理解。
油そばを食べたかったので丁度良かった!

通常の黒豚バクラーメンは、豚骨たまり醤油ラーメンなので、おそらく味の方向性は想像付いていたのですが、
よく混ぜ混ぜしてから食べてみると、うまい!

タレこんな感じで、たまり醤油と豚骨スープが器の下に溜まってます。
それをよく混ぜ混ぜして食べると、濃厚な豚骨の味と、たまり醤油の濃厚な味が口いっぱいに広がっていきます。
でも、ただくどいとか、ただしょっぱいとかいうことはなく、絶妙のバランスを保っていて、濃いめではあるのですが、結構ぱくぱく食べられます。

混ぜたところこんな感じで混ぜ混ぜして食べます。
混ぜないと、やたらと味の濃い部分と、やたらと味の薄い部分ができてしまうので、これでもかという感じで混ぜ混ぜする必要が有りです。

ちなみに頼んだのは、「黒豚バク味玉まぜそば」で780円、だったと思います。

すげー美味しく感じたのでまた行って見たいと思います。

気になるメニューも

まぜそばは2種類ありまして、1つが黒豚バクと、もう一つが「味噌」
味噌の油そばって聞いたこと無いので、これにも興味津々。
味噌の油そばって…全くもって想像がつかない。
次は、「味噌まぜそば」を食べに行こうっと。

がんまさん、いつも学生さんがいて結構賑やかな感じです。
法政大学と東小金井駅の中間にあるから仕方ないかw

東京都小金井市梶野町5丁目6−12
[`evernote` not found]
Pocket

: 日常
: 
: くろすけ

PR

コメント