宮崎駿の作品には強い父親が出てこない

[`evernote` not found]
Pocket


風立ちぬ

「風立ちぬ」のBDを買いました

「風立ちぬ」のBDと、それに関係する「夢と狂気の王国」「宮崎駿の仕事」(NHK プロフェッショナル仕事の流儀)のBDを手に入れたので、改めて「風立ちぬ」の批評なんぞをやってみたいと思っているのですが、どうにも考えがまとまらない。
細かいヒントは見つかるんだけれど、体系を成さずに悩んでます。
自分のまとめ能力のなさに。

その中でも1つヒントになりそうなことを見つけたので、メモがてら書いてみます。

PR

父親の不在

宮崎アニメには、「強い」父親の存在が感じられない作品がほとんどだ。
ちょっとピックアップしてみる。

風の谷のナウシカ
→父親は病の床に伏していて、物語中で殺される

天空の城ラピュタ
→父親不在(ラピュタは見たが、その後死亡)

となりのトトロ
→唯一父親がメインキャラに近い位置に出てくるが、「強い」とは言いがたい

魔女の宅急便
→ほとんど姿をみせず

紅の豚
→父親と呼べる存在はいない。フィオのじぃちゃん(ピッコロ社の社長)は出てくるが、父親では無い。ポルコは出てくるが、父親としては未熟な存在。

もののけ姫
→父親と呼べる存在は不在

千と千尋の神隠し
→途中でブタになり、物語のラインからは一旦消える存在。

ハウルの動く城
→父親なんていたっけ?

崖の上のポニョ
→(見てないのでわかんないっす)

風立ちぬ
→強い父親像は全く描かれず

というように、宮崎駿監督作品だけをピックアップしてみたが、「強い」父親像が描かれた作品は全くないと言っても良い。
唯一例外的なのはとなりのトトロだけれど、強いというか、そっと見守るだけで、特に物語のラインには絡んでこないので、父親像としては弱いものだろう。

何故、宮崎アニメには父親が不在なのか

おそらくだが、宮崎駿とその父親との関係性が、アニメから父親臭を脱臭している遠因なのでは無いか。
宮崎駿はつい最近まで、戦争協力者としての父親を許せなかったようだし(宮崎駿の父親は太平洋戦争のために軍用機の部品を作っていた)、病気がちだった母についても複雑な感情を抱いているようだ。

だからこそ、女性がやたら活動的(病気がちだった母に対するアンチテーゼ)であり、父親不在(戦争協力者としての父親に対するアンチテーゼ)として、このようなアニメ群が存在するのではなかろうか、と思っている。

そのあたりの葛藤とその解消が「風立ちぬ」には隠されていると思うんだけれど、上手く見抜けないっていうのと、うまく表現できないっていうところで悩んでます。

モヤモヤモヤモヤ。

[`evernote` not found]
Pocket

: 日常, 書き物
: 
: くろすけ

PR

コメント