キャリアメールを捨てる



Gmail

ふとキャリアメールの利便性について考えた

キャリアメールって、携帯会社が独自にくれるメールアドレスのことです。
最近はクラウド化されたりして、それなりに使い勝手も向上しているみたいですが、基本的にユーザの囲い込みに使われている節があり、どうにも使いにくい面もあったりします。
各社、ブラウザなんかでも送受信できるように対策を進めてはいますが、基本的に、1メール1機種で使うことが前提となっているため、自分みたいにスマホ2台持ちしていると、いちいちドコモメールへの着信とauメールへの着信を意識せざるを得ず、半ばそれが常態化しており、慣れていたとは言えなにやらモヤモヤしたものを感じておりました。

PR

Gmailを見直すきっかけ

いきなり、「キャリアメールなんて捨てちまおう!」って考えたわけでは無いです。
先も書いたように、キャリアメールを使うことが半ば常態化していたので、特に疑問も差し挟んでいなかったのです。
が、あることをきっかけに見直すことを考え始めました。
それが、「カメリオ」を紹介してくださった、白ヤギコーポレーションの方でした。

うちのブログ、コンタクトフォームを利用すると、Gmailにその内容が飛んでくるように設定されております。そのため、必然的にメールのやり取りはGmailを利用することになったのです。
恥ずかしながら、今までGmailで普通のメールのやり取りをしたことはありませんでした。
Gmailは目を通すだけのメールが流れてくる箱でありました。返信する必要の無いメールが一方的に流れてくる場所。

そんなGmailで初めてメールのやり取りをすると、「あー普通に使えるじゃん」って。
ただ、この経験もキャリアメールを捨てようと思い立つまでには至りませんでした。
なぜなら、普通に流れてくるメールの数が半端なく、そんなGmailで対人メールのやり取りまでやっていたら、絶対見落とす、からです。

そんな中第二の転機が

Googleが、Gmailを使いやすくするアプリとして、「inbox」なるアプリ(ブラウザベースのシステムもあるよ)を開発しているとは知っていましたが、特定の人への招待制になっており、招待されていない人は「inbox@google.com」宛に空メールを送る必要があり、そこで認証されるとインヴィテーションが送られてくる仕組みになっております。試しに、そこにメールを送ってみたところ、普通に招待状が届きました。
えー、送れば誰でも使えるのかな?w

Inbox by Gmailこのアプリ、使ってみると、返信しなくてもよいメールと返信が必要そうなメールがきちんと峻別されるでは。

Inbox by Gmailこんな感じで、プロモーションで送られてきたメールなのか、ショッピング系のメールなのかを自動判別してまとめてくれます。
これがあれば、返信を必要とするメールを取りこぼすこと無く、メールアドレス1つでも問題無いと判断。

Webであろうが、スマホ(iOS・Android)であろうが、「inbox」は使用できる(ブラウザからはWebページにアクセス、スマホにはアプリをインストール)ので、キャリアメールの時のように、端末に縛られること無く返信がいつでもどこででもできるというのも、キャリアメールからの依存を脱却する後押しとなりました。
(スマホを2台持っていると、どうしても両方で確認できた方が便利だという発想になりますし、PCでメールを返信した方が楽だというシチュエーションもあるわけで、そのすべての選択肢が視野に入るGmailは強いんですよ)

しかも、返信が必要なメールをピンで留めたり、あとでもう一度確認したいメールはリマインダー機能を使うと、指定した時に再度受動的に見ることができるので、大切なメールを取りこぼすことがないので非常に便利です。

というわけで、今までキャリアメールに頼っていたメールのやり取りは順次Gmailに統合し、必要なメールについては「inbox」で整理する予定です。

今後、携帯キャリアが主体となるようなモデルは崩れることが予想されるため、なるべく携帯キャリア特有のサービスに依存した環境からは脱却していかないといけないですね。

まぁ、携帯キャリアからGoogleという主体に変わっただけ、と言えなくも無いですけれど。

てなかんじで、今キャリアメールからの脱却を図っています。
残るはビジネス関係メールの整理…これどうしよw

Gmail: Google のメール
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料
Inbox by Gmail – the inbox that works for you
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

: 仕事効率化, 日常
: 
: くろすけ

PR

コメント