タリーズの「カッパーリザーブコレクション グァテマラ ヌエボ センデロ」を飲みました

Pocket


センデロ

またグァテマラシリーズが開始されたみたいですね

タリーズの定番限定シリーズ、グァテマラシリーズがまた本格的に開始されたようです。
今回は、グァテマラの「ヌエボ センデロ」っていう豆です。
グァテマラシリーズは好きなので、早速買ってきましたです。
というわけで、レポートをば。

PR

豆の紹介です

側面

裏面グァテマラの地図と農場の場所が記載されていました。大体の場所を知るって良いことですよね!
何の役に立つかわからないけれど…

裏の表示によると、酸味若干強め、ボディ普通と出ております。
グァテマラの豆では普通な感じですね。
突出してこうっていう豆でも無い感じです。
逆に言えば安定の豆って言う感じでしょうか。たぶん。

表面には、国内ローストの表示があります。

飲み方は当然ブラックがオススメ!

コーヒー豆豆の大きさは普通な感じです。ちょっと小ぶりかも。中には割れているものや、いわゆる自分がくずと呼んでいるものが混じっていたりしていました。
これがあると、味が若干ぶれるので、あんまり好きでは無いんですが、仕方ないです。

炒りは、中炒りといったところです。

挽いてから抽出まで

コーヒー豆薄皮は少ない印象です。多くても特に気にしない質ですが、少なければ越したことは無いですよね。

蒸らしたところ蒸らしたところです。
国内ローストの割にはあまり膨らみませんでした。
ローストしてから時間がたっているのかな。
最初は豆の性質が分からなくて、上手く膨らませられないことがあるので、自分のせいかもしれないです。

できあがり!

できあがりいつものマグに入れて。
味は…酸味よりも、ボディの強さが目立った感じになっていました。
(袋に書かれていた「味わい」の表記とは逆の感想をもちましたです。)
グァテマラにしては珍しい。
ぐっとボディが舌に乗ってきて、その後にさわやかな酸味が、ボディを押し流すように過ぎ去っていき、一口で2度楽しめる感じに仕上がっています。
冬の朝、熱々でいただくのが良い感じの豆だと思います。
あと、軽く何か食べながらっていうのもあっていると思います。

相方は、ケーキ食べながら飲んでいましたが、ケーキと相性が良かったそうです。

グァテマラは酸味が強い系の豆が多いので、その中でも異色な感じがするので、グァテマラらしくないグァテマラを楽しみたい方は是非飲まれることをオススメします!

てか、お店で豆指定でドリップコーヒーが飲めるようになると良いんだけれどなぁ
そういうサービス初めてくれないかなぁ
ちょっと高くてもいいんで。是非。

Pocket

: 日常
: ,
: くろすけ

PR

コメント